投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


寒風に負けず

 投稿者:鎌田舜英  投稿日:2017年11月18日(土)17時53分15秒
編集済
 
大学展と役員展を鑑賞し、一日が終わった。
大学生の部員が少ない中、やっと開催した書展だったが、思いの外お客様がたくさんいらしてくれた。1階ではステンドグラスの展示会も併催であり、役員展の作品を鑑賞後にいらしてくれた方々も多かったと思うが、大学生には励みになったり、苦言を頂きながらも刺激を頂いたり、貴重な経験だったと思う。
4年生が多く、来年は益々部員が少なくなる中、これからの書展に向けた話し合いが必要な時期でもある。

文化センターでは北門書道会の役員展の他、水彩画の展覧会も行われており、鑑賞する側としては楽しかった。
劇団弘演の開演もこの週末2日間である。
芸術の秋真っ盛りではあるが、寒風の吹き荒れる週末であった。
 

初雪

 投稿者:鎌田舜英  投稿日:2017年11月17日(金)08時15分10秒
 
昨日は窓から大粒の雪が舞うのを見た。
朝も幸が降っていた。
まだ積もるほどではない。
白鳥がさっそく朝から落穂ひろいである
 

寒風

 投稿者:鎌田舜英  投稿日:2017年11月15日(水)22時29分21秒
 
天気予報では雪マークが続く今週だが
明日は大学展の展示である。部員数が激減しているので、夜までかかりそうだ。
今日はみんなで臨書をあれこれと探し、初心に帰る。
授業はやっと条幅も完成し、篆刻である。
二学期もいよいよ終盤である。


 

取材

 投稿者:鎌田舜英  投稿日:2017年11月14日(火)21時06分39秒
 
高校選抜展の受賞が決まり、今日の放課後は急遽袴姿で集合した。
団体賞の取材だった。
奨励賞は沢山頂いたが、上位にはなかなか食い込めず・・・。
仕切り直して臨書作品に取り組んでいる。
底力をつけることが当面の課題である。

 

公開授業

 投稿者:鎌田舜英  投稿日:2017年11月13日(月)18時13分15秒
 
全校で取り組んだ公開授業。
私は受付係だった。
慣れないスーツも4時でタイムリミット。
すぐに着替えてしまった。
午後からの研修では講義と演習が入り、アクティブラーニングの緊張感。
一番改善しなければならないのは、自分の心だと感じた。
 

弘前公園

 投稿者:鎌田舜英  投稿日:2017年11月12日(日)20時05分50秒
 
朝早く公園へ直行した。
9時から紅葉まつりで公園は賑わうのだろうが、地元民は朝早い散歩を楽しむ人が多い。
しかしかねてから悪天候を予想されていた公園は、今日は静かだった。
時折外国人の観光客がいるくらいで、公園は人影も無かった。
銀杏の木の葉も、昨日の風雨で落ちているものがほとんどだった。
辛うじて残っていた紅葉を愛で、少し歩いた。
つがいの鶴がお堀で水浴びをしていた。
菊の花が真っ盛りの植物園では、開園の準備。
私も買い物準備で温泉を楽しんだ。


 

作品照合

 投稿者:鎌田舜英  投稿日:2017年11月11日(土)18時37分0秒
編集済
 
今日は社中展の作品を一つ一つ原文と照合。
自分たちで選別した作品だったが、思いの外怪しい文字が沢山あり、書き直しを連絡したり写真を撮ったり・・・自宅に着いたのは、もう日没が過ぎて真っ暗な夜。
寒い一日だった。
皆で顔を突き合わせ、作品の一つ一つに眼を凝らしたので、逆に暑くもあった。
帰りにコンビニに立ち寄り支払いを済ませたが、新鮮そうで安い野菜が販売されていたので
思わず買ってしまった。
昼に買った麺類も普通に美味しかった。
珈琲もこくがあり、コンビニも侮れないし、恐るべしである。


 

痛恨の

 投稿者:鎌田舜英  投稿日:2017年11月10日(金)22時21分50秒
 
弘玄展作品の選別会だった。
持参した歎異抄の文面は、自分で親鸞の文と思い込み、作品には丁寧に親鸞「歎異抄」と入れてしまった。後で歎異抄のショウという文字がテキストでは「鈔」になっていたので、調べたら
文字はどちらでも良いらしいが、作者は唯円だった・・・。残念。痛恨のミスである。
同じ紙はもう無い。
 

寒空

 投稿者:鎌田舜英  投稿日:2017年11月 9日(木)21時46分40秒
 
帰宅したら、あちらこちらから続々と作品が届いていた。
不在者票が多く、夜遅い帰宅で不都合も多い。
家電話も故障中。
明日は作品選別日である。
仕事が終わったら、直行するつもりである。

今日は寒空の一日だった。
林檎の収穫には大変な日だったろうと思われた。
林檎園の主からの作品が届いていない。
大丈夫だろうか?
 

歎異抄

 投稿者:鎌田舜英  投稿日:2017年11月 8日(水)21時48分49秒
 
歎異抄第7章から作品の言葉をピックアップした。
サイズも大きくなったが、うまく書けた気はしない。
でも今週が締めきりである。
白鳥の群れを毎日目で追いながら、刻々と来る冬に向かっている。
今日は雨だったが、大きな虹を見た。
虹のリングが、太くて迫力があった。
 

/415