teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:51/323 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 素朴な???

 投稿者:管理人林メール  投稿日:2011年 5月14日(土)22時52分49秒
  通報 返信・引用
  > No.272[元記事へ]

ibuさんへのお返事です。

> 林さん
> その行程はビザとかESTAとかってものは どう関わって来るのでしょう?

ESTAが必要な滞在地はないのですが、グアム乗り継ぎなので一応申請して行きました。なので、トランジットの時、ESTAは? って聞かれたから申請したよ、って言ったら、そのまま通れましたが、申請してないとトランジットがどうなったのかは分かりません。でも、必要ならその場で、ものの5分でとれるので、問題ない気がします。

滞在国としては、パラオ共和国とミクロネシア連邦共和国のみで、ビザはどちらも30日以内の観光滞在なら空港のスタンプでもらえちゃうというもの。なので、特に手間はかかりませんでした。
最初空路でパラオに入ったときは空港でスタンプもらいました。
で、本来はカヌーでパラオを出る時、出国スタンプ押してもらうべきなのですが、今回は時間がなかったせいかキャプテンも私たちもすっかり忘れていて、スタンプなしで出発。イフルク、サタワルは既にミクロネシア連邦共和国ですが、イミグレがないのでそのまんま通過。ヤップに着いた時点でキャプテンが全員のパスポートを集めてイミグレに提出。3日後、パスポートが手元に戻ったときには、既に出国スタンプも押されていました。
ほんで、最後、パラオに着いたときは、やっぱりキャプテンがパスポート集めてイミグレに。戻って来たパスポートを見ると、私はパラオに2度入国してるけど、出国スタンプは一つもないという状態でしたが、キャプテンがイミグレと話して、イミグレサイドのデータはすでに修正されたとかで、空港では問題なく出国できました。
マイスというカヌーと、キャプテン・セサリオ(マウ・ピアイルクの息子)は、パラオの元大統領の要請でパラオに渡り、パラオのカレッジに所属して航海術をパラオ人に教えているので、なんつうか、融通が利くみたいです。
余談ですが、ヤップの港に着いたのが日曜日の早朝5時ぐらいで、イミグレがくるのをカヌーの上で待ってたのですが、もう全然来なくて、午後1時過ぎまで上陸できず、みな相当グレていました。
そういえば、2009年に、サイパンーサタワルーウォレアイーパラオで乗ったときは、サイパンの出国スタンプなしで乗り、サタワル、ウォレアイがあるミクロネシア連邦共和国は一度もイミグレを通過せず、最後のパラオだけちゃんと入国、出国した覚えがあります。なんつーか、適当でした。ヨットで世界回ってる人たちもそんな感じなのでしょうかね?
 
 
》記事一覧表示

新着順:51/323 《前のページ | 次のページ》
/323