teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/575 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Vol.16まであと2週間!

 投稿者:ゆかげふるうと14  投稿日:2016年 3月 6日(日)11時45分39秒
  通報
  前回のけんちゃんの2012正月の書き込みから2年開いて、もうすぐVol.16!という時期になってます(^^)
今回も運営のみなさん、賛助のみなさん、当日お手伝いのみなさん、ふきこ先生、そして出演者のみんな、全員で演奏会の成功に向けてラストスパート!してます。
私個人としては、全16回皆勤賞をなんとか更新することができそうで、なかなか練習にも行けないのに「出ようよ!」と言ってくれる仲間たちのおかげだなと実感しています。

昨日はリハリハでした。午後~夜練まで吹きっぱなしだった方々お疲れさまでした。
今回の1部はオケ編が多く、2曲目にエルザの大聖堂への行列を演奏します。
フルート・オーボエ・クラのアンサンブルから静かに始まり、フルートは基本ほとんどメロディです。

昨日、役割別で吹いていき、伴奏パートのを聴いていたとき、
伴奏パートのハーモニーがすごく美しくて優しくて、大聖堂の空気を感じさせる心地いいものだと気づきました。
それまで私は楽譜とにらめっこで豊かな音でpで吹くの難しいな、だとか、息が足りなくて苦しい、だとかそんなことばっかり考えて吹いていて。。
でもその伴奏パートを聴いて、私の担当しているメロディーをこんな風に支えてくれているんだなぁ、こんな風に彩ってくれてるんだなぁと知り、
あぁこの伴奏に身を任せればいいんだって思うことができて。

そのあと合奏したとき、前よりものびのびと大聖堂の空気をイメージして吹くことができたと思いました。

周りの音を聴くこと、イメージすること、吹奏楽を始めてから幾度となく言われてきたことですが、改めてその大切さを教わりました。
そしてそれもやっぱり心遣いからなるものなのかな。メロディを引き立たせようとしてくれる心と、伴奏も歌えるように導くメロディでありたいと思う心。
心遣いっていい音楽を作ることにも重要なものですね。

っていうのを、伴奏パートの温かいハーモニーを聴きながら、思ったのでした。

あぁ、練習に来て音楽に囲まれると癒される、、あと2週間、がんばろう(^^)
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/575 《前のページ | 次のページ》
/575